検索
 

2018年05月31日

AF−1Eの手直し A

 ys。

 翼端増槽のフィンをステルス角に変更する。
 フィンの配置が十字になっているが、リフレクターになるのは機体の上下左右の方向なので大して困らない、どうせステルス性は後付け設定なので正面と後方で低RCSになっていればいいので。

 翼下のハードポイントも多少変更、バイパーも直して終り。
 名称は、AF−1Fにする。


AF-1Fa2.png

AF-1Fa3.png

posted by p.n ゴー at 18:41| Comment(0) | YSFLIGHT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

AF−1Eの手直し

 久しぶりの更新。

 AF−1Eの翼関連の前縁後縁の角度を、TF−6Aのものと同一になる様に変更してみて、ついでにインテイクのショックコーンにダイバータレスも追加したりしてみた。
 今回は上から俯瞰した画像しかうpしていないけど、しかし、マンタもそうなんだが、角度の設定が甘かったのはもう悔やみ切れない感じになってます、最初からこの角度で反映できていればねぇ。


 ・・・F−18のステルス化とか考えて落書きでイメージを固めたりしていたけど、配置が丸パクリになる上にロシア系のSu系統に似た代物になりそうなので、考えるのを止めてしまった。
 架空機のMig−23NMは別に問題にならないからいいんだ、中国には作れないデザインなので、だがSu系統はあの連中の肥やしになりかねないネタになるのでNG、永久に封印する。


AF-1Fa1.png

posted by p.n ゴー at 23:43| Comment(0) | YSFLIGHT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする