検索
 

2018年12月29日

XF9−1使用の架空機 C

 ys。
 ようやく見れる位になったので近況。

 結局、エンジン位置は基の高さに戻す、ダクトの曲がりも多分何とかなると思う、インテイクはまだ構想もしていない。
 ノズルはF−22の様な2次元ベクターノズル状にする、国産予定のF−3には採用しないらしいけど、これには付ける。
 水平尾翼の後ろ端で、23.22m。 胴体後ろ端で、22.88m。
 予定よりも全長が長くなってしまった。
 
 後部水平尾翼は付けたくなかったのだけれど、空力やピッチコントロールが尾翼無しではバランスが保てないっぽいので、胴体上面中央の後半部分に凹状の溝を作ってエリアルールに配慮しつつ、双垂直尾翼と大きさのバランス比率に合いそうな形を設定してみる。
 予想以上に小さくて、低速時の動翼の利きが悪くなるのは明白なのだろうけど、ベクターノズルと広角の双垂直尾翼があるので、ピッチアップのコントロールは何とかなるんじゃないかな、と。
 機体後部の動翼が小さいと、主翼の動翼の利きが支配的になる、それによってピッチアップのコントロールにエルロンも使えるようになれば、無尾翼機のような機体制御の余地を多分残していけるかもしれない。
 超音速機動時に後部水平尾翼によって過剰な反応をしないのなら、それだけでも十分なんですけどね。

 しかし、胴体が平べったい過ぎる。
 ウェポンベイの4個並列に加えて、短AAM用のウェポンベイが更に外側に並ぶので、ロールがどの位鈍くなるのか見当も付かない、スポイラーも付けてエルロンと後部水平尾翼で同時制御して、むりやり回す感じにする積もりなのだが、なんかロシア機に似てきたアトモスフィア。

 ・・・次の更新は未定。


  (追記は画像のみです)

続きを読む
posted by p.n ゴー at 18:32| Comment(0) | YSFLIGHT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

スパUX Xリュウ対戦攻略・その2


スパUX Xリュウ攻略
http://sdgsm-nikki.seesaa.net/article/386792835.html#more


 2回目だねぇ。
 ネタとしては随分前からあったんだけど、別にリュウなんてキャラを今更深化させたって自分は面白くも何ともないし、2ch5ch繋がりで下手の横好きなクソ連中に、無駄に知識を教えるのが不愉快極まりなかったので、放っていた。

 まぁ何だ、初代スト2やダッシュの頃を知ってりゃ当たり前のモノが大半で、それにXの特性を混ぜた程度のものでしかない。ターボで展開が速くなって目先の反応勝負になった時期に、下らなくて廃れた要素をゾンビにした程度の話。



  [ 波動拳の強弱の性能の違い ]
  [ 弾き波動 ]
  [ 大足中波動について ]
  [ 波動大足対空 ]
  [ 中波動撃ち〜前進追い掛け ]
  [ 弱波動連打から対空昇竜 ]
  [ 置き小足〜大足中波動 ]
  [ 強空中竜巻2段目当て ]
  [ 中(強)昇竜で弾の飛び越し ]
  [ 小足連キャン択 ]
  [ 真空波動〜昇竜拳 ]
  [ 当て投げor歩き弱昇竜の2択 ]
  [ 下強P相打ち対空 ]
  [ 疑惑めくり ]
  [ 下弱P近弱Pキャンセル真空 ]
  [ 下中P中足キャンセル真空 ]
  [ リュウというキャラの弱点と限界 ]

続きを読む
posted by p.n ゴー at 19:36| Comment(0) |  スパUX 対戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

XF9−1使用の架空機 B

 ys。

 架空機製作は絶賛グダり中。他にやる事もあってたまにちまちまと変えては、ネタが固まるまで放置する状態が続いていた。
 結局、細身の機体にする事は諦めた、まぁエンジン2基にするステルス機の時点で当然ではあるのだが、細身にするにはウェポンベイを犠牲にしなくてはならないし、ミサイル内装できないステルス機なんて現実的ではないので。

 やればやるほど、マンタで十分じゃね? って所をどうするのかで大分苦労した。前回の記事の頃に較べてエンジン配置を少し上に上げて間隔を狭くして、中AAMの搭載スペースを 1×1×4.4m に変更して、短AAMの搭載スペースを 0.9×0.9×3.8m にする、エンジンは外径を 直径1.2m×5m にしてダクトを 直径1m にした。
 胴体の中央に中ウェポンベイを並列で4個並べて、後ろ半分の中ウェポンベイを尻上げにして斜めに配置、その左右にエンジンを置いて、エンジン配置の邪魔にならない位置に短AAM用のウェポンベイを置くつもりで、内部構成を考えている。それぞれのブロックの間のスペースは0.1mだけ開けている。

 ダクトは、中央のウェポンベイのミサイル位置の中間上部にスペースを作って、そこを通してインテイクとエンジンに繋がる配置にしている、その関係でエンジンの位置をダクトの曲がりでストレスを軽くできるように以前よりも少し高くして配置した。
 エンジン前のウェポンベイを中ではなく短AAMの方にしなかったのは、機体下部からの短AAM射出ではインテイクが排煙を吸ってしまうからで、胴部側面でないと防げないのは自明なのでそうしている。

 コックピットの位置は後方の上部にずらして、後方視界の確保とレーダー径拡大が出来るようにしていく方向で直していく、インテイクの形状はまだ形がイメージできていない、主翼は胴体の形状やエリアルールを考えられる位にならないと決められない、今のものは目安としての設定で、翼端の部分はウィングレット効果よりもステルス形状を重視するつもりでいる。
 ミサイルは、中AAM×6発、短AAM×2発を内装できる計算になりますが、中央のウェポンベイの繋げ方によってはもっと増やせるかもしれないです。


 ・・・名称を付けられる段階までいけたら、今回はEDSF−2として作っていくつもりですが、次の更新は更に遅れると思います。



  (追記は画像のみです)

続きを読む
posted by p.n ゴー at 18:31| Comment(0) | YSFLIGHT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする