検索
 

2020年02月24日

@[ マカロニ探偵 HiMAC(仮) ] @−04


 はい、自分のゲーム企画のネタ晒し。


 ゲーム企画は「設定集」ではない。
 実際のゲームプレイで、何をして処理して楽しむかを念頭に置いてないと、ゲームとして何? って事になってしまう。
 それは重々承知している。

 普通の感覚だと、作り話の世界なんだから、モンスターだの魔物だのをブッ殺して正義を振りかざしてそれを称賛されるのを快感とするものであり、白人の人類至上主義の権化みたいなプレイヤーに陶酔するのがファンタジーの常なのは理解している。
 まぁいいんじゃないの?、とは思うが、それは人間側が必ず勝てる前提で作る世界観の中での話であって、そうじゃない場合の世界観でそれ押し通してお前の思い通りの結果が出せるかコレで試してみろよ? が当ゲームの世界設定なのね。

 人類至上主義の権化と化して、テリトリー外を敵勢力だらけにして終りの無い殲滅戦争の地獄に作り変えるか、妥協点を見出して共存圏を構築して一時の平和を得るかを、プレイヤー側にある程度自由に決められるようにする。
 結局、差別主義者や殺戮主義者になる事が楽しいかどうかに行き着く、ゾンビ殺しゲーとか最たるモノなんだがそういう敵キャラも用意できる、言葉の通じない獣同然の化け物を相手に、お前はどうするか殺すか無力化して元の世界に送り返すかまで選択できるようにする、博愛主義者に成り切っても下らなくて意味が無い世界設定も盛り込む、その選択をゲーム内のリアルタイム下で決めさせる。

 文章である程度の方向性を示してみたものの、何が面白いのか解らんね、そんなもんだよ遊びなんてのは。
 ひたすらゲーム内で、自分が動かせるキャラを延々と動かし続けるだけの遊び、退屈でなければ何でもいいんやな。



  [ 予想されるご指摘 ]
  [ このゲームがヒットする要素は何? ]
  [ エンディングと分岐 ]


続きを読む
posted by p.n ゴー at 16:50| Comment(0) | ゲーム企画・仕様書 ネタ晒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする