検索
 

2020年03月21日

@[ マカロニ探偵 HiMAC(仮) ] @−07


 はい、自分のゲーム企画のネタ晒し。


 ぶっちやけ、物語を作れる能力というのは、ゲームを作る上でどれほど役に立つのか、って話なんですよ。
 というか、今の家庭用ゲームやる世代にコレがウケるとか思えないんだよね、だからやる気が失せてる。

 売れないゲームを作るのは簡単だが、そこからウケるゲームにするには何を足せばいいのかが解る奴が、このゲームに関わってくれるかって考えると、どうなんだろなぁとしか思わない。
 ボケ〜〜っと口を開けて楽しめるゲームのネタを出して来るのを待って、気に食わない所をケチ付けて批判しかしない連中を相手に、非難覚悟で色々とアイデアを出して下手クソなプレゼンして必死こいて、上手くいけば自分以外の努力の成果で、売れないカスになれば企画出した詐欺野郎が全部悪い事にするんだろ。
 で、そんなリスクを負ってあえてバカにされながら下らない夢ぶっこいて、見下される道化になり下がってでも実現したいネタかソレと言われたとして、我を押し通したいほど自分で面白いゲームになるかというと、NO〜〜〜なんだよなぁ。

 イマジンしてみよう、外道の限りを尽くして殺しと狂気をバラまくテロリスト共を相手に、口汚い罵りをしながら血も涙も無い殺し合いをし続けて、黙らせて隠蔽する話にするんだ、ウケるわけないよなぁ。正義の名の下に綺麗事を吹聴して行為を正当化する事なんてしないんだ、殺しの悪と憎悪を、殺しの悪で真っ向から殺し潰す獣の信条を行う、話の通じない獣を黙らせて秩序を守るには殺すしかない、そういう観念をゲームの世界でやる、それがテーマなので止め様が無い。
 そういうのは海外の方がウケるだろうけど確信は無い、制作費も何年掛かるかなんて見通しも付かないし、ネガティブ要素しか無いから、やる気が失せてる。
 全部一人で出来るなら一人でやるんだけどなぁ、リスク負うのも自分一人になるんだし。




  [ 超常存在・神話存在・異空間存在・太陽系外存在 のカテゴリー分け ➂ ]
  [ 地球人類の設定 ]
  [ 単語設定・解説 @ ]


続きを読む
posted by p.n ゴー at 18:55| Comment(0) | ゲーム企画・仕様書 ネタ晒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする