検索
 

2020年02月09日

@[ マカロニ探偵 HiMAC(仮) ] @−01


 今回は[ マカロニ探偵 HiMAC(仮) ]について色々と書く事にします。

 このゲームの企画は、日本の国の中でグランドセプトオート(GTA)のようなドタバタを引き起こせる舞台の土台を作る方法を模索した事から始まっています。
 別に血生臭い事しか出来ない世界ではなく、某高校生ドタバタコメディ恋愛モノや、原チャリ旅行番組ロケの再現といった要素を、ネタとシナリオ次第でゲーム内で面白く楽しく設定できるキャパシティを持てるように構築するのを目指しています。

 同じ世界の中で、別の番組とか物語が作れて同じ時間帯に混在している、2chみたいな世界観をイメージして下さい。
 そういうのを作っていきます。



 ゲーム企画・仕様書 ネタ晒し ⓪−01
http://sdgsm-nikki.seesaa.net/article/473481061.html


  [ ゲームモード ]
  [ シーン構成・画面構成・操作 ]
  [ 作中世界の規模・範囲 ]



  [ ゲームモード ]

 1: 基本練習コース
 2: ショートイベントモード
 3: キャンペーンシナリオ
 4: ネットプレイモード

 +α: ゲーム設定


 ・・・という4種類の中から一つを選択してゲームを始めます。

 基本的な部分は、グランドセプトオート(GTA)を参考にします(私は未プレイですが)。


 1: 基本練習コース

 ・ゲームを遊ぶ上で基本的な操作や解説、キャクターの操作やジャンプしゃがみその他の行動の操作方法、攻撃方法や防御手段、捜索・索敵・戦闘システムの理解と練習を、このモードで学習できるように設定します。
 もちろんそれ無しで、すぐにストーリーモードなどを始める事も可能にしておきます。
 また、このコース内でのみ、イベント無しの日常生活モードを選択できます。


 2: ショートイベントモード

 ・基本的に一人用の短いイベントシナリオをプレイするモードで、数々のステージと分岐イベントをプレイしてそれぞれ個別にクリアとなるゲームモードです。
 ネットプレイで多人数同時の参加プレイも可能で、敵側は基本的にCOMが操作します。


 3: キャンペーンシナリオ

 ・長期シナリオによる継続プレイを前提としたゲームモードです。


 4: ネットプレイモード

 ・2のショートイベントを多人数でプレイする場合のモードです。
 キャンペーンシナリオでも可能にするかは未定です。



 +α: ゲーム設定

 ・このモードでゲームプレイ以外での設定変更と作中物語の把握が行えるようにします。




  [ シーン構成・画面構成・操作 ]

 ・ストーリームービー視聴、FPS操作モード、マップorテキスト文書閲覧モード、その他、というシーン構成が存在し、ストーリームービー視聴だけはゲーム内の時間進行が停止する仕様になっています。
 その他のシーンは、状況や場合によって停止とリアルタイム進行が切り替わります。

 プレイヤーが使用キャラを操作できるのは、FPS操作モードのみで、持ち物や武器を選んだり持ち替えたりする入力動作中でも時間停止は行いません。
 ただし、一時停止ボタンを使用すれば、ゲーム内の時間進行を止めてマップorテキスト文書を読める状態にはします。


 ・画面構成は、FPS操作モードを主体に解説します。
 キャラの表示には3種類の視点があり、使用キャラを表示ないFPS視点と、キャラの後方視点の腰部から上のみを表示する上半身視点と、後方視点で少し離れて足元まで表示するTPS視点を用意します。別のボタンの半透明輪郭表示をONにすると使用キャラを半透明にして表示する事も可能にします。

 キャラのダメージ・状態把握は画面左下に表示し、縦2枠×横3枠に、上段左から、左腕、頭部、右腕を、下段左から、左脚、胴部、右脚の状態異常を色の増減と点滅で表示表現し、体内の血液量と意識とスタミナのレベルを上段・中段・下段の色分け横バーの減衰と増減で状態異常を表現します。

 血液量が一定以下になると一定時間毎に判定が行われて失神状態になって気絶状態に移行し、蘇生治療を受けられなかった場合は、死亡という結果になります。
 意識は、一定以上の頭部ダメージの蓄積や、胴部の重要部分ダメージの蓄積が発生した時や、それ以外での何らかの意識障害のダメージ判定を受けた場合に、どれだけの耐性が残っているか、気絶して意識を失って行動不能になるかをダメージ表現します。
 スタミナは、今どれだけ行動できる体力があるのかを表現します。毒や感染症による体力低下や一時的な血液量の回復や意識回復にスタミナゲージを自動消費する事も可能になっていて、長期的な生命力がどれだけ残っているかの指標にします。

 キャラの持ち物と装備品の状態と表示は、主に右下に表示します。
 コントローラーとキャラ動作の詳細はここでは割愛します。
 主に右手装備と左手装備の表示、持っている時のみ使用物と状態を表示し、持っていない場合は身体に装備しているモノを使用する動作を選択してから実際に使用するかどうかを決めて使用するプロセスを取ります。
 右手や左手に持っていない装備を選択する場合は、装備ウィンドウを開いて選択して、手に持っている状態にしないと使用できず、選択中に時間停止は受け付けず行いません。
 また、両手で使用しないと選択できない道具や物品もありますが、その時はアシスト機能で「両手が必要です」と表示して教えてくれるようにします。

 アシスト機能として、使用キャラが何か重要な事や捜索目標や危険存在に気付いた時は、専用カーソルによる位置の強調表示や物音の聞こえた方向の強調表示なども表現します、これは設定でOFFにする事もできます。
 使用キャラの基本性能のバロメーターや経験値は、別の設定ウィンドウを開いた時にのみ表示されます。




  [ 作中世界の規模・範囲 ]

 ・MAPは現実の道路と線路と橋梁と森林を適当にトレースして、それ以外の建造物は架空の街並み・都市部を設定して完全にフィクションである事を強調します。
 大阪府や東京都とタイアップしてマルチメディア展開する余地を考えている場合は、その限りではないです。

 ゲーム内で活動できる規模・範囲は、できれば大阪府や東京23区が入る位の広さにしたいのですが、シナリオによって活動範囲を限定するように設定し描画と作業量の負担を減らします。
 それぞれにプレイ可能エリアが設定されていて、その境界線の近くに来ると強調表示の半透明ライティングされた柵が表示されるようにします。






 ・・・主要キャラ紹介やHiMAC財団の設定、敵や中立の組織や異世界と繋がるパワーゲートなどの作中内設定・解説は後述となります。

 これらの世界の構図や仕組みをどう事前に設定するか、シナリオをいかに凝った魅力的なモノにできるかの方が重要なので、設定が固まっている所から徐々に公開していきます。

 というか、具体的なシナリオの作成の方が困難な事と、A[ E.D.S.A(仮) ]と同時進行でネタを書き込んでいる最中であり、時間も取れないのもあって、次回の更新は未定です。


posted by p.n ゴー at 23:32| Comment(0) | ゲーム企画・仕様書 ネタ晒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: