検索
 

2020年11月07日

ガレッガ系STGと自分の攻略限界の話

 今回は縦STGの有名枠の、バトルガレッガとバトライターver.Bについてと、自分の攻略の限界が見えた話について書いてみる。

 バトルガレッガとバトライターver.Bの詳細は何時も通りググってもらうとして、まぁ、すごくよく出来ていてかつ難しいタイプのゲームという認識をしていれば十分なタイトルです。

 当時の佐渡のゲーセンでゲームが出来る環境は、3日に一回行けて20:00に閉店するまでに1or2回プレイできるなら御の字の状況で、どうやって今回のSTGを楽しめるように試行錯誤していくかっていう前提であって、ハイスコアだの稼ぎプレイだのといった要素は皆無なのを承知して読んで下さい。

 昔っから自分の攻略というのは、難しいクソゲーをどうやって楽にする方法に気付いて、長く楽しめるヌルゲーにしていくかっていう方向性でやっていて、そういうのが面白いからゲームやっていたんです。
 で、今回のですが、うん、STGって、考えて色々やってもね、どうやって粘っても越えられない壁があって、それを思い知って一旦諦めるとして、それでもまぁどうするかなって話です。
 ALLクリア? ・・・無理だよこんな難しいのは、でもやってて面白いんだよね、だからゲーセンから消えるまで続けていた。


 バトルガレッガは、要所で小ボムを5個逃してオプションを取る「ホーミング」を仕込んで道中を進むプレイをしていて、適度に勲章を取って計画的に死んで毎回安定した難易度にしながら道中の難所をパターンで抜けていく事で、常に6面に行けるようにしていた。
 使用機体は2号機同時押し、4アレにしないのは少しだけ移動が速いのとボムが真正面固定で貫通弾持ちだったからで、何かこっちの方がしっくり来たから。
 「ホーミング」を多用するのは、単純にオプションが自機周辺に居ないから弾避けがやり易くて無駄な弾撃ちもしないからで、これを計画的に仕込んでヌルプレイで遊んでいく。

 ステージ道中は、ある程度の弾の引き付け場所を憶えて、道中の横移動の道順を適当に憶えていって、要所の撃ち込み場所を把握しているだけで、かなり適当にアドリブで動いても大して困らない難易度で進んでいける。
 問題なのは、アホなタコミスをしない事と、道中の道順を踏まえながら空中勲章の出方に合わせてアドリブでどうやって落とさずに取っていくか、っていう所に難しさがある。
 空中敵の撃ち方で勲章の落ち方はある程度は予見出来るので、それまでに地上敵をどうしておくか、弾をどこで引き付けておくかっていう感覚で処理していく、でもこれ慣れるしかないんだよね、で、少しでも気が緩むとどこかで崩れてタコミスをしてしまう。
 がっちりハマれば6面ボスまでアドリブのノリでイケるんだけど、毎回そういう訳には行かないのをどうするかが難しい。


 自分の簡単な攻略を書くと、

 ホーミングを仕込む場所は、1面は、始めてすぐのレール前でザコ戦車の出す小ボム4個にトロッコ中央とその下のを間を置いて倒して、小ボム1個逃がしてオプションを取る、後半でも同様の事をして5個逃しの後はオプションを取らずにボスまで行って、倒す寸前で死んで再装備しつつホーミングにして抜ける。
 2面は、道中では死なずに進んで後半の中戦車とザコ戦車で5個逃してボス戦して一回しか死なない様に注意しつつ抜ける。
 3面は、1Upを出す中ボスが出る所までにショットを貫通弾2発の状態になるまで上げておき、適度に中ボスに撃ち込みつつ最後の最期に倒して1Upを取る、ショットパワーは上述の方が調整が効き易いらしい。で、ボス直前のザコ敵で仕込む。ボス戦は一回しか死ねないので道中のどこかで事前に死んで残機調節する必要がある。
 4面は、ボスで2回以上死んだ場合は、最初のザコ敵で小ボムを6個出しつつ最初の1個だけ取って5個逃がしたらすぐ左のボム使用で壊せるオブジェを壊してオプションを取ってホーミングにする、後は道中で死なない様に避け重視の要所の撃ち込み重視で潜水艦が横並びの所まで行く、直後に中戦車4台の所は大ウェポンを2個出せるように撃ち込みつつ必要ならボムを使っていい、この辺で一回死んでもいい。ボス直前の勲章を出す場所は無理に壊さなくても難易度的には問題ない。ボスは左右の小さい砲台を左右一基のみ残して中心をボムも使って撃ち込み続けて速攻撃破するか一回死んでから撃破するかして抜ける。
 5面は、ホーミング仕込みが失敗していたら最初の中型空中敵で仕込んでいく、点数が高くなる撃ち込みをしないでボムを溜め込んで、1面2面のボスを抜けるまで出来るだけノーミスで進む、2面ボスのみ一回だけボムを使ってもいい、で、横広のデカいのが出る所まで来たら左端の砲台で小ボムが取れるなら出した分だけ取って、中央の部分の小ボムが出る部分を全部壊しつつ最後に5個残して逃がす状態にして撃破する、ボスは対処を憶えていれば抜けるのだけなら普通。

 で、6面突入なのだが、勲章は育てMAXならここまで維持した後にギリギリまで取り続けてどこかでわざと逃がしてしまう、もう取り続けて点数稼ぎは諦めてしまう、後半は無理だから。
 ホーミングの仕込みがあれば中ボスが出るまでノーミス前提で適度に撃ち込みつつ進み、中ボス最初に左右の端付近の下の砲台に撃ちつつ弾を誘導して中央に戻る様に動きつつ避けきれない状況になったらボムを一回使う、後は残った砲台と中央本体を撃破して残った小ボム6個の内の右下1個だけを取って仕込む。
 進み始めたら、右側の中型戦車に撃ち込みつつアドリブで避けて、それがオプションを出したら5個逃がした直後に取ってホーミングにするか、出なかったら大ボムなのでそれを取りつつ中央の小ボム6個で1個取ってまた仕込む、この辺は攻撃がキツいので死にそうなら諦める、ホーミング無かったら基本的に終わり覚悟。
 後半は、ホーミングを効かせて小ボムを大量に出させて可能な限り取ってボムを溜め込む、左から中型戦車が3台出て来る難所は中央から右に動いて弾を引き付けつつ中央下から左端に移動しつつどこかでボムを一回撃って抜ける。ボス本体が出現する辺りで左右からザコ戦車が出て来る所で左側の方を壊して5個出して仕込む。
 ボスは始めは中央付近で位置して撃ち込みつつ弾を引き付けてボム使用で第一形態を撃破、次に適当に上のボス左右に並んでいる砲台を片方だけ撃って左右に移動して引き付けつつ撃ち込みして、別の弾バラ撒きを出す辺りか頃合いを見計らって中央本体にボムを撃ちつつ撃ち込む、上手く行けばボム一回で第三段階に行けるけど難しいなら再度ボムを使う、第三段階になるまではノーミスで行けるように気を付けて死にそうならボムを事前に使う、この段階になったらひたすら粘ってボム無しで耐える、いつかは撃破して抜けれる。

 7面は、ホーミングがあればヨシ!、中央からラスボスが出て来る所までの砲台群の弾撃ちは、右から引き付けつつゆっくり左端までアドリブで避けつつ動いて危ない状況ならボムを使って砲台を壊すが出来れば使いたくない、ラスボスが出たらまぁ後は中型空中敵を処理して、あの悪名高いブラハーMak.2のお出ましになる。
 これが出る直前の状況は、最善なのは残機を1機残して大ボムを2回とボム半分以上ある状態が望ましい。理由は、形態が切り替わる時の降下から機雷のバラ撒きの場面でボムを使用して稼ぎつつ抜けたいからで、うん、最善の状態になってないとね、自分じゃもう、無理、なんだよね、この辺が限界だった。

 ・・・ランクが上がっているとボム無しでは機雷バラ撒きが硬くなって必ず死ぬ、3日に一回しかゲーセンに来られず安定してここまで来る事自体が難しいのに、ブラハーMak.2を完全攻略なんて不可能なんだよなぁ、しかも第三段階ではあのワインダーが出るから、真下に撃つ様に誘導して準備するという事すら出来ずにまぁ無様に終る、慣れる訳が無いよね。 はい無理〜〜〜。


 で、挫折した感想ですが、それでも面白かったから続けていた。
 ゲームとしての不満点は全く無い、この難しさじゃないと成立しないのも解る、ただ自分が及ばなかっただけなんだな、自分以外は誰もプレイしてなかったけど。




 バトライターver.Bは、まず最初の仕込みが肝心で、隠しコマンドでゲストキャラを出してプレイヤーセレクト(1キャラのみ使用)を出してからスタート(Sボタン)して、上級コースを選ぶ時にA+B同時押しでステージセレクトをして、高空、地下、空港と選択して、プレイヤーセレクトで超能力者チームのおデコ女キャラ(マリア)をAボタンで選んでスタートする。
 色々と敵ボスキャラを出したかったら、キャラセレクトで おデコ女キャラA、ガインA+B(orB)、2号機Sの順とするか、魔法大作戦のあの忍者を出したいならガインをミヤモトA+B(orB)に替えて、上述のステージセレクトで始める。
 ここまで憶えて仕込んでようやくスタートラインに立てるゲーなので、安定してプレイしたいなら騙されてやってみて、どうぞ。

 あと、マリアAの時は オプションを1個のみ取って弾が前方だけ出る状態をキープしてプレイすると、オプションを2個以上取った状態より利点があるだけじゃなく、多分ランクを抑えていく事が出来る感じがする、ボム使用時のショットは通常弾のみが出てオプションからの弾は出ないため、ショット性能が強いキャラほどボム撃ち込みで有利になるので、ボム使用時間が長いマリアはAボタンの通常弾強化に向いている。


 後は、道中で勲章を育てて落とさない様に稼ぐのを主体に、中型ヘリのそれぞれの弾撃ちパターンを憶えて、トレーラーで大ボムが出るように止まった後に撃ち込んで壊して、ボムで壊せるオブジェや弾を撃たない状態のオーラで壊せるモノを憶えて壊していれば、道中の出現パターンを適当に憶えているだけで中級のラスト面である5面まで行ける。
 5面は、1Upを出す中ボスを適度に撃ち込んで道中中盤で停止する場面で撃破すれば1Upが出るが ある程度の慣れが必要、後はボスが出るまで死なずに進むだけ。
 ボスは、ショットやオプションのスペシャルパワーアップを2つとも行っている場合に3体出て来る、スペパワをしていないなら赤いボスが一体のみ出る。3体出て来る場合は、ステージセレクトしていれば順番が 緑、黄、赤 の順に出現するが、赤以外はボム無しで抜けれる、赤ボスは最後以外は弾幕の抜け方があるので憶えて避けていけばまぁ良し、最後の撃破寸前の辺りで誘導する弾を撃つ場面あたりで危ないと思ったらボムを使うで大体撃破できる。

 6面は、勲章を落とさずにここまで来れたのなら、2番目の中ボスの所で高速弾が出るからボムを合わせて決め撃ちするとか、後半で回転撃ちする中ボスが2つ並んでいる所でもボムを決め撃ちするのを憶える位で、後は勲章を落とさず最終面に持ち越す事が出来れば、道中は何度もプレイして道を憶えるだけでボス戦まで行ける。
 ボス戦は左下で避けつつ要所で中央に撃ち込んで、終盤でビットの包囲攻撃とか色々の場面でボムを上手く使用すれば撃破できる。最終面の7面に行くには純粋な避け能力と勲章の維持が必要なので、憶えて安定突破できない人では何をやっても越えられないと思う。

 7面は、最初の中ボスの所は最初に多少撃ち込みつつ 真下の少し左寄りの所で近くに出現する砲台からの弾を避けてさえすれば アドリブでノーボムで多分抜けれる、その後は出来る限り勲章を取っていって、取り逃したらそれでスッパリ諦めていい。火炎砲台の所で大ボムを出して取りまくって、ラスボスが出る寸前のボス音楽になる所で出て来る砲台群を 上手く撃ち込んでボムも使って壊しつつ抜ければ、ボスの御対面になる。大ボムを3個逃がして1Upを出すのは、ボス前の砲台群に到達する所でボム3.5個装備で残機が一機ある状態に出来る時にのみ狙う。普通はそんなに上手く行かない。
 ボス戦は、撃ち込んで出来るだけ粘ってボムも使ってヤバいのを避けつつひたすら撃ち込み、無駄な死に方をしないようにして耐え抜く、空がバックになる第三形態になる時に、ボム一個以上か残機が一機ある状態で突入するつもりでやる。

 ・・・なんだけど、自分はこの第三形態になる所で力尽きた。普通はボスの所でタコミスして終るか、第三形態になっても手詰まりになってやられて終ってしまい、あと何がALLするにの足りないのかなぁと考えて全然ワカランとなっていた時に、ゲーセンから消えてしまった。ぁぁぁぁぁ、あともう少しだったんだけどなぁ・・・。
 ゲームの難易度的には、ラスボス到達の辺りがガレッガのブラハーMak.2と大体同じ位の難しさだと思う。





 ・・・ここまで読んだか読まないかは他人次第だけど、一般レベルの感性の人にとって、普通はここまで考えて憶えない事をやって遊ばなくては、STGを楽しむ事が出来ないんだなぁが解って来ると思う。

 普通に正直に言って、異常だよね。

 でも、ゲーセンでゲームを遊んで楽しむには、こういう一般性からズレた試行錯誤と継続プレイが必要でもあって、その特異性が現実的に正常なのかどうか疑わしい側面があるのは、多分、事実なんだ。
 ゲームは試行錯誤する必要がある、でもこういうゲームは将棋やチェスのようなステータスは一般層には存在しない、今に始まった事じゃないけど、世間とのズレは明確にある。

 ここから読み取れる教訓は何だろうか、正直よく解らん、正解がそもそも定義されていない問題に対して、ある価値観からある側面からの意見や見解を導き出す方向性でしか、このロジックや認識観を形容する事が出来ないのだと思う。

 まぁ、アレだ、Eスポーツを一般層に認知されてステータスを得るための、その指針にしてみよう、攻略という要素と考え方というのをもっと解り易く世間に広めて、そういう試行錯誤が異常なモノであるという誤解されそうな認識をやんわりと改めて、もっと自由教育的な感性とアイデアでそれ自体の思考活動そのものが娯楽で有意義なものなのだと、教育機関レベルで改革していけば、いつかは将棋やチェスと変わらない何かこうふわっとしたモノに成れるのではないかな(暴挙)。

 うん、まぁ、そういうのって認知されてないよねって、どうなんだろう、コロナでほんクソになっとるし、ゲーセンに変革と存続の未来はあるのだろうか、無理やり問題定義で今回は終わり。


posted by p.n ゴー at 23:41| Comment(0) | ゲームの話・色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: